strong lady

養育費や面会の回数をちゃんと決めたのに


私は妻の浮気で離婚しました。

5年の結婚生活で子供は一人いました。

妻の浮気に気付いたのは、子供が生まれて仕事を辞めてから小まめに家事をしていた妻が、やたらと家事が手抜きになったことです。

一番ひどかったのが食事に出来合いものばかりを買ってきていたことでした。

さすがにおかしいと思い始め、やってはいけないのですが携帯を覗き見してしまいました。すると、結婚する前の元彼と連絡を取り合っているようでした。

 

私は頭にきて妻を問いただしました。

妻は携帯を覗き見たことをかなり怒っていて実家に帰ってしまいました。

私は離婚が頭をかすめましたが、子供がいることで離婚を思いとどまっていました。しかし、妻の方から離婚を言い出してきたのです。そして調停を申し立てていました。

決められた日に家庭裁判所に行き、自分の言い分を調停員に聞いてもらうという形でした。

妻としては養育費と親権を欲しがっていました。私は妻への慰謝料と親権を離婚の条件としていましたが、実際は親権さえ取れれば慰謝料はどうでもよかったです。

子供は当時2歳でしたが、「それくらいの子供は基本的に母親に親権がいく」と調停員に言われました。妻が離婚原因を作ったのに男性には親権が取れないという理解できないことでした。

しかし、私は結局親権を取ることができず養育費を払い面会の回数を決めました。

養育費の金額は私の年収を基準として大体の相場があるようで、それで金額を決めました。

離婚をしてちゃんと決められた養育費を支払い続けていましたが、妻はなかなか子供に合わせてくれませんでした。

養育費を支払うのは親の勤めなので特に何も思いませんでしたが、子供に会えないのは本当に辛かったです。

 

妻のせいで離婚したのになぜこんなに自分が悲しい思いをしなければいけないのかが理解できませんでした。

そのうち妻が浮気相手と結婚することとなり、養育費の支払いはなくなる変わりに子供には会わせたくないと言われ始めました。

しかし、私としては面会権は妻が再婚しても関係ないだろうと言ったのですが「子供が動揺してはいけないから」と言われ泣く泣く引き下がりました。

今は妻が再婚し、住んでいるところはわかっていますが子供には会っていません。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA