does not care ours

趣味に没頭して家庭を顧みない夫


私の離婚の理由は夫が家庭を顧みなかったことです。

 

夫は基本的には自分の休みは全て自分の趣味のために使いました。

普通の土日にそれならまだ許せました。しかし、私たちは夫婦の間には女の子が一人いましたが、運動会などのイベントに夫は来たことがありませんでした。

子供は他の家庭のお父さんを見てとても寂しそうな顔をしていました。また、周りからは母子家庭と思われていました。

それくらい夫は子供のイベントにはきていませんでした。

子供がとてもかわいそうで夫に何回も「子供のイベントだけは参加してほしい。」と訴えましたが「別に自分が行く必要もないし、趣味の時間を奪われたくない。」の一点張りでした。

 

だんだん子供も大きくなり、娘が小学生になると、夫のそういう考えを見抜いており、夫に何かを求めることはなくなりました。

そしてある日、離婚を決断させる大きな問題が起こりました。

 

それは、給料日におきました。夫の給料日に銀行で通帳記入をしに行くとその日のうちに給料がすべて引き出されていたのです。

 

驚いた私はすぐに夫に電話をしましたが出ません。仕方ないので、家に帰って夫の帰りを待ちました。夫が帰ってきてすぐに給料のことを話すると「あ~、それは俺が出したんだよ。どうしても欲しかった趣味のものがたまたま今日見つかってそれを買うために出したんだよ。一ヶ月くらいなら俺の給料ならやっていけるよね」と普通に言ったのです。

私は怒り、その場で喧嘩になってしまいました。しかし、夫はなぜ私が怒っているのか理解できておらず、しまいには「自分の給料を自分で使って何が悪い。」と言い始めたのです。

もう結婚生活を続けていくのは無理だと思い「そんなに自由がいいなら離婚して一人で暮らして。それなら誰にも迷惑をかけないから」といい、私は子供を連れて実家に帰りました。

 

その状態になって夫は離婚というものが現実味を帯びたようで、私の実家にきて「離婚はしたくない」といいました。夫は家のことは何もできません。洗濯や掃除はおろか食事も作ることができませんでした。結婚前は実家暮らしでしたが、離婚をしてからも実家に帰ることができるかわかりません。そういう意味で離婚したくないと言っていることは私にはわかっていたので私は夫の言い分を聞き入れませんでした。

最後は子供が夫に「私が小さい時に自分のことばかりで遊んでくれたり、運動会にも来てくれなかった。うちはもう昔から母子家庭みたいなもの。今更、お父さんの居場所なんてない」と言い、夫は離婚を決意したようです。

最終的に、養育費などの取り決めをして、書類にまとめ双方がサインをして離婚をしました。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA