punishing hudsband

ちやほやされないと納得できない妻


私の一目惚れで結婚した妻との離婚体験談をお話します。

 

合コンで出会った時の妻は外見が大変可愛い女性で私は見た目で一目惚れをしてしまいました。

合コンの場でも大勢の男性からアプローチをされていた妻で、あの時に私を選んでくれたことは奇跡に近いと思います。

交際中も会う度に可愛くなっていく妻に私はメロメロでした。こんなに可愛い女の子が妻になってくれるだなんて夢みたいだと感じることもありました。

 

妻も私も離婚を経験した人間です。

妻の離婚の原因は旦那の浮気だそうです。

そんな悲しい過去を抱えた妻だからこそ、妻だけを愛そうと心に決めていました。

 

妻との結婚生活は幸せな時間でした。

結婚から一年後、私の仕事内容が変わり、2交代制になりました。

夜勤が始まったため、妻を夜、独りにしていまうようになりました。

日中は私が眠らなくてはいけない為、妻の相手はできません。

そんな生活は夫婦の絆を壊していきました。

 

妻は私が夜勤の間、パートをしたいと言ってきました。

その仕事とは「キャバクラ」です。

私は反対をしましたが妻は納得がいかない様子で、私の意見を押し切って仕事を始めました。

今、思い返すとこの妻の行動がきっかけが離婚に繋がったのかもしれません。

 

妻は徐々に派手になっていきました。

キャバクラの仕事が性に合ったのか、私が夜勤ではない日も出勤するようになり、私との時間は殆どなくなっていきました。

勿論、家事なども間に合わなくなってしまいました。

掃除、洗濯どころか料理を全くしなくなった妻には呆れました。

 

妻のケータイはいつも男から来るラブメッセージで鳴り響いています。

私はケータイを見るつもりはなかったのですが、どうしても妻の行動が気になってしまいケータイを見てしまいました。

「貴女ほど魅力的な女性はいない」、「僕と結婚して欲しい」など男性軍は妻に対して、ゾッコンの様子です。

浮気ではなく仕事だと言い張る妻に対し、苛立ちと虚しさに襲われ離婚を意識し始めました。

妻と離婚することは私にとって辛いことですが、これ以上、妻の行動によって傷つきたくありません。

「なぜ私だけの愛情では満たされないんだ?私だけ見ていたら十分じゃないか」と感情的に妻に言い寄りました。

 

妻はそんな私に「沢山の男性にちやほやされていないと納得できないの。可愛いって認めれないの」と意味不明な発言をしました。

その発言で私は我慢の限界がきてしまい、離婚を申し出ました。

 

妻の方も離婚を考えていたようで、あっさりと離婚が成立しました。

離婚後の妻はキャバクラ嬢として有名になっているようです。

可愛い妻を持つと不安が募っていくものですね。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA