too late to aplogize

原因が分からず喧嘩を繰り返し離婚しました


初めまして、50代会社員の男性です。

私は数年前に離婚したのですが、元妻とは結婚した当時から喧嘩が絶えませんでした。

上の子供が生まれてから、私の仕事が忙しくなったので家事を手伝ってやれなかったのが、そもそもの原因です。

 

ですが、このくらいの事はどの家庭でも当たり前にある事なので、元妻の「離婚してよ」と云う言葉を大袈裟だと切り捨ててしまったのです。

やがて、私の家庭内の態度が悪いと元妻に指摘されるようになりました。

結婚して8年目の頃、私達は両家の親族を挿んで話し合いを持ったのです。

 

ところが、両家は元々生活習慣の違いがある家なので話が成り立ちません。

そこで元妻から「性格の不一致」だと告げられました。

原因は今思えば、私のモラルハラスメント的な発言が原因なのか?と思います。

「女性だったら家をキレイにしろ」や「俺の母親は主婦だったが完璧に家を守ってた」などの発言が嫌だったそうです。

 

子供も二人恵まれ、そろそろ中学を卒業する頃になり再度、元妻から離婚要請がありました。

私の定年後に、一緒に生活する事を嫌だと言われたのです。

初めの離婚騒動から10年以上経った頃でも根に持っていると思ったので、売り言葉に買い言葉で「離婚用紙を持ってこい」と啖呵を切ったのです。

ただ、強がりで言った言葉を本気にした元妻が離婚用紙を差し出した時には驚きました。

「もう耐えられないです」と言って、私が出社した後に子供を連れて家を出て行ったのです。

それから半年間、電話連絡で何度か説得を試みましたが、復縁する事は無いと感じた為に、離婚に応じました。

 

酒を飲むと多少は気持ちが大きくなります。

大言を吐いてしまう事もあると思います。

ただ、ちょっとした言葉のやり取りが離婚に繋がるとは思わなかったので、今でも信じられないくらいです。

私にはこれが原因だとは考えられないので、今でも切ない気持ちでいっぱいになります。

 

もっと大事にすれば良かったと、今更ながらに後悔をしています。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA